こもれび

春風につつまれた
生まれたばかりのはっぱたち 
ひとひらひとひらの間から
そっとのぞいたおひさまの
やさしい笑顔が見えるよう
 
こもれびの中で
いつまでも続く
未来でありますように



生まれた季節は、何か特別な感動と一緒にどこか強く印象に残っていて、名前にもそれがあらわれていることもあるでしょう。
おひなさまに出会う時も、生まれた時の感動や、その時感じた季節のことなどがきっかけになると、飾る時に楽しくなります。
「あなたが生まれた時はこんなだったのよ」「生まれた時にきれいだった、こんな花のようになってね。」
そんな何気ない会話の中から 女の子は家族の深い愛情を感じ取っていくのです。